ほくろ除去する前に知っておきたいあれこれ

カウンセリング

ほくろを除去する治療方法

ほくろを除去する手術は大きく三つに分かれていますが、今回はその中でもレーザー治療を使ったほくろの除去手術を中心にご説明していきますね。ほくろ除去を検討されている方のご参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

鏡を見る女性

ほくろは美白成分で消す?

ほくろとシミは生成される原因が似ています。しかし、ほくろ除去はシミを消す方法と異なるため事前に把握しておくと良いでしょう。また、自分に合った治療方法を見つけることも大切です。

ほくろの原因や予防方法

鏡を見る女性

ほくろについて詳しく知って、ほくろが出来る前に対策をしよう

皆さんのお顔や身体にはほくろがありますか?ほくろがない人がいないくらい、ほとんどの方は身体のどこかにほくろがあります。このほくろがチャームポイントになるなど、魅力的な方も多いですよね。しかし、ほくろにお悩みの方もまた同じようにいます。このページでは、ほくろの種類や増える原因などを詳しくみていきます。まず、そもそも「ほくろ」の正体から見ていきます。一般的に言うほくろとは、黒色をした斑点のことを指します。なぜ斑点が出来るのかというと、メラニン色素が一部の皮膚部分に集中することで出来ます。シミも同じような方法で出来ます。ではほくろとシミの違いは何なのでしょうか?はっきりしていることは、ほくろはメラニン色素が集中したもので、シミはメラニン色素が沈着したものと区別してください。また、ほくろには3種類あります。単純黒子・色素細胞母斑・老人性色素斑です。この3つの違いは、ほくろのでき方にあります。単純黒子は、皮膚の表皮の奥の部分にメラニン色素が集中したもので、色素細胞母斑は、メラニン色素が何層も重なって出来たものです。老人性色素斑は、これまで紫外線を浴びて出来たメラニン色素が加齢と共に、ほくろになって出てきたものを言います。また、妊娠を機にほくろが増える方もいます。妊娠の際にほくろが増える場合は、赤ちゃんを守るために、女性ホルモンの分泌が増えることが関係してると言われています。他にほくろが増える原因についてご紹介します。1つはさきほどお伝えしたように、紫外線をたくさん浴びることです。シミでもそうですが、紫外線を浴びると、メラニン色素を生み出します。健康な肌でいるためにはメラニン色素はある程度必要ですが、過剰に作られるとほくろとして残ってしまう場合があります。2つ目は、メイクをする際に激しくスポンジで擦ったり、ブラシで過度な刺激を与えるとメラニン色素が増え、ほくろが出来ることがあります。3つ目は寝不足です。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、お肌のターンオーバーがされます。寝不足でいると、うまくターンオーバーされず、古い角質などが排出されなくなり、ほくろやシミになります。原因が分かったら次は、どのように予防していくのかについて触れていきましょう。まず、紫外線からお肌を守ることです。日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりして対策をとりましょう。また、意外と忘れがちなのが、目です。紫外線は目からも吸収されてしまいます。日差しが強い日などは、特に目を紫外線から守るようにしてくださいね。例えば、UVカットしてくれるサングラスやメガネなどをつけるようにしましょう。次に生活習慣を正すことです。睡眠を十分に取り、バランスの良い食生活を心がけ、適度にストレスを解消することで、ターンオーバーが正常にされます。古い細胞や角質が排出されていきますので、ほくろやシミが薄くなったり、予防することが出来ます。また、適度な運動をすることで新陳代謝が上がり、血行が良くなるので体内のメラニン色素を排出してくれます。身体を温めることで血行促進効果が得られ、新陳代謝が上がるのでおすすめです。これを読んでいる方の中には、既に出来てしまったほくろをなんとかしたいという方も多いですよね。ではほくろの除去について触れていきましょう。ほくろ除去の方法はいくつかあります。お灸や除去クリームなどで、自分で除去する方法もあれば、レーザーで除去する方法もあります。次のページではこのレーザーでのほくろ除去についてまとめていますので、ぜひご参考くださいね。

頬を触る人

ほくろ除去の流れ

このページでは、ほくろ除去の治療をする際にかかる費用や治療にかかる時間や通う期間、治療後のケアなどをまとめています。今後ほくろ除去を検討されている方は特に参考にしていただければと思います。